プラモデル・模型売るなら、おもちゃ買取隊

おもちゃ買取実績

【買取】ニチモ プラスチックカラーモデル 警視庁 パトロールカー 特許児童操縦装置付

ジャンルプラモデル
ブランド ニチモ
シリーズプラスチックカラーモデル
品名警視庁 パトロールカー 特許児童操縦装置付
型番-
買取日付2017年11月21日

買取スタッフの
ヒトコト

 さて、またしても希少なお品物です。小松崎茂氏のボックスアート、1960年代前半に発売されたニチモ「警視庁 パトロールカー」のキットとなります。

 左手に不二家、右手にソニーの電飾、その奥に見えるのは森永の地球儀ネオン… となれば、すぐにわかりますね。ボックスアートの背景は、数寄屋橋の交差点から銀座4丁目の方向の景色となっています。
 ソニーの電飾のすぐ左隣には五輪マークがあり、その下には「1964」の文字が。そして、パッケージの左下にある小松崎氏のサインの下には、少し識別しにくいですが「1962」と書かれています。したがって、この製品の発売はおそらく1962~63年頃と思われます。

 ひとまず、発売年を調べないまま、もう少し探ってみましょう。
 本キットの主役となる初代のトヨペット・クラウンがパトカーとして採用されていたのは、1955年から1962年までといわれています。そうすると、やはりこのキットは1962年の発売なのかもしれません。調べればすぐにわかることなのですが、目の前にある品物をつぶさに見てみるだけで、そのキットがいつ頃のものなのか、大体のことはわかるものです。それも古いおもちゃの楽しみのひとつと言えるでしょう。今回のお品物については、少なくとも1960年代初頭ということは間違いなく言えるはずです。

 今般の買い取りでは、査定のためにお品物をお預かりする際、お客さまは「古いものばかりなので、値段が付かないものは処分してください」とおっしゃっていました。もちろん、組立済みや欠品があるものについては、買い取ることができなかったのですが、古いお品物にはいわゆる「掘り出し物」と言われるものがある場合がございます。今回のお客さまも、査定価格をお伝えした時には「そんなに高くなりましたか」と、ずいぶん喜んでくださっておりました。
「古いものだから…」と諦めるのではなく、見積りだけでも、一度おもちゃ買取隊にご相談ください。見積りが面倒な場合は、ダンボールに品物を詰めて直接お送り頂いても構いません。


  • 買取価格が気になる方は「見積依頼」
  • 今すぐ売りたい方は「買取申込」


PageTop