プラモデル・模型売るなら、おもちゃ買取隊

おもちゃ買取実績

【買取】シュコー 特注 1/43 メルセデス ベンツ Cクラス W204 [ブルー]

【買取】シュコー 特注 1/43 メルセデス ベンツ Cクラス W204 [ブルー]

  • 【買取】シュコー 特注 1/43 メルセデス ベンツ Cクラス W204 [ブルー]
  • 【買取】シュコー 特注 1/43 メルセデス ベンツ Cクラス W204 [ブルー]
  • 【買取】シュコー 特注 1/43 メルセデス ベンツ Cクラス W204 [ブルー]
ジャンルミニカー
ブランド
品名1/43 メルセデス ベンツ Cクラス W204 [ブルー]
買取日付2018年09月25日

買取スタッフの
ヒトコト

メルセデス・ベンツといえばご存知のように、ドイツ・シュツットガルトに拠点を置く自動車メーカー「ダイムラー」の乗用車・商用車のブランドです。
1800年代後半に設立された世界最古といわれる「ベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン・ファブリーク」と「ダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフト」の合併により、1926年、「ダイムラー・ベンツ」がスタートしたとされます。(現在はダイムラー)

企業スローガンに「最善か無か(Das Beste oder nichts)」を掲げ、安易に車種を増やすよりも、一車種ごとに徹底した開発を行っていき、質実剛健で高品質の車造りを目指していました。(当然ながら高価格の車を売ることになってしまいます。)
しかしながら、当時の自動車産業を取り巻く時代の変化を無視できず、利益向上、コストダウンを目指すを得なくなります。当然、かつての品質や性能への信頼を裏切るような製品をだすことになり、一時はブランドイメージを失墜させてしまったようです。

しかし、2000年以降品質の改善を進め、もう一度「最善か無か(Das Beste oder Nichts)」を見つめ直し、現在ではそのブランドイメージがまた輝きを取り戻したと思われます。

さて、1993年にそれまでの190シリーズの後継としてW202が登場し、ここにCクラスの歴史が始まりました。初代は「コンパクトベンツ」などと呼ばれたりもしたようですが、このW204は初代と比べ車体も大きくなり、堂々とした佇まいとなりました。
フロントマスクも「エレガンス」「アバンギャルド」という2つの顔を選べたことも、革新的だったのではないでしょうか。
このW204は「メルセデス史上最高傑作」と高らかに謳われた車とされ、その魅力を余すところなく再現したのが、今回ご紹介いたしますこちらのお品物です。ちなみに私個人としてのお勧めビューポイント(?)は、ちょうど写真のように、フロントから斜めに全体を見る角度です。伸びやかなサイドプレスラインを経て、肉厚のリアにたどり着く、この美しいフォルムが楽しめると思います。

おもちゃ買取隊では、シュコー、ミニチャンプス他、様々なメーカーのミニカーを買い取らせていただいております。また、トミカに関しましても取り扱い実績が多数ございます。
是非、お見積りだけでもお気軽にご相談ください。


  • 買取価格が気になる方は「見積依頼」
  • 今すぐ売りたい方は「買取申込」


PageTop